■ボードツアーカテゴリの記事一覧
スノーボードツアー「あだたら高原スキー場」

スノーボードツアー「あだたら高原スキー場」

申し込み:京王観光渋谷営業所
旅行企画:近畿日本ツーリスト
スキー場:あだたら高原スキー場
移動手段:新幹線
旅行日程:2008年1月10日〜11日
旅行代金:24900円滞在中(リフト乗り放題)
宿泊場所:東三番館(朝食、夕食付き、温泉有り、露天風呂有り)
[予定]
■行き
7:10東京駅から新幹線で郡山 
9:00郡山からバスでスキー場へ
10:10スキー場着
17:00あだたら高原スキー場からバスで岳温泉へ
17:20岳温泉から徒歩で東三番館へ
■帰り
9:00旅館からバスであだたら高原スキー場
17:00あだたら高原スキー場からバスで山へ
18:20郡山駅から新幹線で東京駅へ

[感想]
出発のとき、東京駅の新幹線用の改札が少し混雑。新幹線はだいぶ空いていた。スノボの板は他の座席にも置けるし上の荷物置きにも置けるし、一番後ろの座席にも置けた。あだたら高原スキー場は強風により全リフト停止。自力で山を登って滑ったりして回復を待つが回復せず。15時の岳温泉行きバスで宿泊する東三番館に。東三番館は充実の施設。部屋は2人で宿泊したにも関わらず8畳、バス、トイレ、洗面台付き。温泉有り。2日目は前日の強風+雪により路面が凍結。あだたら高原スキー場までの道のりで10台くらいの車が動けなくなっていた。東三番館のバスは快調に進んでくれた。スキー場は天気も良く雪質も良い。ゴンドラは12時近くから動き出した。スキー場のご飯はほとんどレトルト食品でおいしさは求めないほうがいい

■東三番館(ヒガシサンバンカン)
東三番館は同系列「陽日の郷(ゆいのさと)あづま館」の施設も使える。そっちには露天風呂、貸切風呂、温水プール、居酒屋、カラオケなどがあり使用できる。コンビニは徒歩5分くらいのところにファミリーマートがある。(酒タバコ有り)。酒屋さんは旅館の目の前にある。ご飯もおいしい。生ビールは高い。東三番館からスキー場までのバスは小さなマイクロバスで荷物入れがないので混んでいると大変。

あだたら高原スキー場はゲレンデサイドにある「あだたら高原富士急ホテル」、スキーセンターで荷物を預かってくれる。スキーセンターはコインロッカーのみ。コインロッカーに入らない大きな荷物はあだたら高原富士急ホテルに置く必要あり。(大部屋みたいなところ。)脱衣場はスキーセンターにしかない。ホテルでは荷物の受け取りをやっていない。宿泊者以外でも風呂の利用は可能。あだたら高原富士急ホテルから家まで荷物を送ることは可能。あだたら高原富士急ホテルはスキー場の目の前にあるが、周りには何もなく、部屋も狭そうだった。泊まってはないがあまりオススメはできない。