■スノボの板選びカテゴリの記事一覧
スノーボード 板の選び方「板の種類」

スノーボード 板の選び方「板の種類」

■スノーボード 板の種類
板には大きくフリースタイル用とアルペン用があります。とにかくスピードを出したい中級者以上の方意外は基本的にフリースタイルになります。フリースタイルのイメージがあるバートンですが、アルペンのスノーボードも作っています。左右対称に作られているわけではないので右半身が前にくるグーフィーと、左半身が前になるレギュラーに分かれます。利き足によって変わるが右利きの人はレギュラー、左利きの人はグーフィーとなります。

[アルペンボード]
アルペンボードはフリースタイルの板よりも長く硬く作られており、高速滑走時に安定するように作られています。高速滑走に特化して作られているためスイッチスタンスで滑ることはできません。

[フリースタイル]
フリースタイルと大きく分けたが、フリースタイルは板の形状によって三つに分けられます。

■ディレクショナル
ディレクショナルシェイプは、ボードのノーズとテール(前と後)の形が違います。ノーズ側のサイドカーブは緩やかに、テール側のサイドカーブはきつめになっています。これはカーブがしやすいように作られています。よって初心者に最適です。バインディングをつける位置もセンター(中心)より後方になっています。

■ツインチップ
ツインチップシェイプのボードは、ノーズとテール(前と後)の形が同じです。バインディングをつける位置もセンターになっています。スイッチスタンスでも滑りやすいのが特徴。ハーフパイプ・キッカージャンプ・スノーボードクロス・パウダーランを楽しみたい人に向いています。

■ディレクショナルツイン
ディレクショナルツインシェイプは、ディレクショナルと、ツインチップの両方の性能を持ち合わせたタイプになります。 ノーズとテール(前と後)の形状はツインチップと同じように前後対照に作られています。ただし、バインディングを取り付ける位置が、センターより後方になっているので、ややレギュラースタンスでの滑りに重きを置いています。ディレクショナルツインはバインディングの位置をセンターに変えることで、ツインチップと同等に扱えるので、人気のモデルです。

そのほかにもパウダーの雪面を滑りやすいように作られている"パウダーボード"があります。ノーズが幅広になっており、パウダーで浮きやすくなっている。テールが二股になったスワローテール(テール)と呼ばれる形状のものもあります。