■グラトリカテゴリの記事一覧
グラトリに向いているスタンス幅

グラトリに向いているスタンス幅

グラトリ(グランドトリック)ではスタンス幅(足を広げる長さ)を通常より少し広めに設定したほうがグラトリがやりやすいと思います。

それはスタンス幅を広げたほうがバランスがとりやすく、板も扱いやすいからです。

スタンス幅を広げるとノーズとテールが短くなるのでオーリーやノーリーのジャンプ力が小さくなると言う人もいます。確かに反発力を生むのはノーズ(テール)なので短くなると生むことができる反発力を小さくなります。しかし長いノーズ(テール)を大きくしならせるには大きなモーションが必要となってしまいます。実際にはオーリー(ノーリー)時に大きなモーションをとることはできません。(できたとしても間延びしたオーリーとなる)
またスタンス幅が短くなるとしならせる力を入れにくくなります。
結果として長いテール(ノーズ)を生かすことができないので、安定感がよく、しならせやすい長さとなる"少し広め"のスタンス幅がグラトリに適しているということになります。

グラトリに限らずスタンス幅は身長などによって適切な幅が異なるので一概に何cmがいいとは言えませんが、50cm弱くらいのスタンス幅の人が多いと利きます。

ちなみにスタンス幅はバインディングの中心間の距離で計られます。