スノーボードゴーグルの選び方


スノーボードゴーグルを選ぶポイントをまとめました。
■ジャストサイズ
ゴーグルはまず自分の顔にフィットするかが重要です。海外メーカーのゴーグルは鼻の高い外人に合わせて作られていいるので頬骨と鼻に隙間があいてしまうこともあります。 隙間が空いてしまうと曇りの原因になります。ゴーグルは必ず試着してください。「オークリー(OAKLEY)」はジャパンフィットモデルという日本人向けにゴーグル形状を変えたものもありますのでそういったモデルを選ぶといいでしょう。

■レンズの色(カラー)
レンズの色(カラー)によって見え方も変わります。天候や時間によって向き不向きがあります。

□オレンジ、ピンクのレンズ
オールラウンドに対応するレンズです。最初に買うゴーグルにはどんな天候でも使えるこの色がお勧めです。

□イエローのレンズ
オールラウンドに対応するレンズですが、ピンクやオレンジに比べるとやや色が薄いので晴天のときはは少し眩しいてす。
□ブラウンのレンズ
晴天から曇りまで幅広く使えるカラー。霧や雪にも比較的強いです。

□ミラータイプ、グレーのレンズ
鏡のようになっているミラータイプのレンズやグレーのレンズは日差しが強い晴天時に向いています。ただ、悪天候やナイター時の視界は悪くなるので向いていません。

□クリアー(無色透明)のレンズ
色が全く入っていないので視界は良いですが日差しも遮らないので晴天のときはまぶしいです。

■UVカット
スキー場は雪面からの照り返しも強いのでUVカット加工が施されているレンズを選ぶといいです。

■メガネ対応、ヘルメット対応
メガネを付けている人はメガネ用、ヘルメットを使う人はヘルメット用のゴーグルを選ぶといいです。