スノーボード 板の選び方「板の幅(Waist Width)」

スノーボードウェスト幅は最低限検討しなければならない重要な要素です。なぜなら板の幅によってはスノーボードの板からブーツがはみ出してしまうかもしれないからです。スノボーからブーツがはみ出しているとターンのときにはみ出しているブーツが雪面とぶつかってしまい、ターンの邪魔します。スノーボードが上手くなっていくにつれ、板を傾ける角度も大きくなっていくので最初は気にならなかった場合でもだんだん気になるようになることもあります。ブーツと板の関係はブーツを取り付ける角度によっても変わってきます。スイッチスタンスでも滑りたい人は角度をあまりつけないのでブーツも飛び出しやすくなります。足が大きい人(身長が高い人)は特に注意が必要です。ウェスト幅の目安は足のサイズ−1cmくらいと言われています。

ブーツのはみ出し以外にもウェスト幅は影響します。ウェスト幅が狭い板のほうがターンの切り返しがスムーズになります。滑りに特化したアルペン用の板が細いのもこのためです。ウェスト幅が広い板はジブに向いています。幅が広くなることにより板の強度も強くなり、板に負担のかかるジビングに向いている面もあります。

バートンを始めとする各社では幅を広めに作った"ワイドボード"と呼ばれる板を作っているので、足の大きい人はワイドボードを試してみてください。