kissmark(キスマーク)/人気スノボーメーカー

kissmark(キスマーク)は株式会社アルペンの自社ブランドとして1997年に生まれたスノーボードブランド。知名度は高いブランドだが、正直、kissmark(キスマーク)の評判はあまりが良くない。板の性能に大きな問題があるわけではないが、安価なモデルを多く出しており、安い初心者用のスノーボードブランドというイメージが悪いイメージに繋がっているようだ。製品自体の悪い評判はあまり聞かないので、初心者であればkissmarkを選んでも問題はない。キスマークスノーボードはデザインも悪くないので、気になったデザインがあれば購入してもいい。私はキスマークバートンだったらバートンを買いますが。

現在は有名ライダー"成田童夢"くんも所属しており、板の性能事態はそれほど問題ないだろう。ただし、低価格なモデルでは性能を落としているかもしれない。Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)の曲を使用したCMでの販売戦略などもスノーボードマニアからは敬遠されがちだが、そもそもキスマークはマニアを購入のメイン対象とはしていないのだろう。スキーのイメージが強いのもスノーボーダーから敬遠されがちな理由の一つかもしれない。キスマークが発表された当初は女性向けのイメージも強かった。

kissmark(キスマーク)の特徴といえばステップインのイメージもあるが、全ての板がステップインだけしか作っていないわけではなく、ビンディングを使うこともできる。

[kissmark(キスマーク)で取り扱っている製品]
・スノーボード・ビンディング・ボードブーツ・ゴーグル・バッグ関連・チュンナップ・デッキパッド
・スキー・スキーボード・スキーブーツ・スキーポール